2007年03月15日

2007年3月7日水曜日 1日目 その1

■念願の沖縄

 ふみえさんは、ここ3年ほどずーっと「沖縄へ行きたい」と言い続けていた。「連れてってやぁ」と何度か言われたことはあるが、本気かどうか怪しかった。現に、昨年の同時期に誘ったときは「今年は行けんわぁ」と、断られたばかり。やっぱり口だけやったかなぁと想いながらも、昨年の終わり頃「来年の3月に沖縄へ行くけど、行かない?」とたずねたら、「行く」という返事。それが今回の沖縄旅行となった。

 田舎のひとの大半は滅多に県外へ出ることはない。県内で、市内で、集落内で生活は完結しているのだから。しかし、外を見るという大切さを知ってほしい、外を感じるというステキを知ってほしい、それができたら再び自分の生活の地へ戻ったときのチカラにつながり、新しいチエを生みだしていくのではないか、私はそう想っている。

 せっかく行くのだから、といろいろな人と出逢える機会を設定した。要は、ツアーを組んだ。添乗員1,ツアー参加者1、題して「ひーandふみえの農家民宿ヴァージョンアップ」ツアー。ヴァージョンアップ・・ちょっとずつ良くしていこう、それは少しシビアな採算のことも含めてである。儲からないと続かない、と私は常々ふみえさんに言ってきた。儲けると言っても単価がそんなに高い商売ではないからしれたもの。儲けるって、続けていくためのプラスを生むこと、悪いことじゃないよ・・ふみえさん。

 どんな旅になったか、興味があったら、以下、読みすすめてください。
 「想い続けたら叶う」、ふみえさんが想い続けたことで、この旅は叶った。


■出発の前日

 飛行機が午前8時35分発なので、ふみえさんは前の晩からやってきた。6日の晩、幸町のカーサ・ミアさんで晩ごはん、犀川べりのわが家へ泊。ふみえさん、カーサミアさんのお料理ですでに大感激。
http://www.casamia.jp/
 いま、カーサミアさんでは珠洲の野菜をつかったメニューがいろいろある。ひとつ、カーサミアさんのPAGEから勝手に拝借したので、見てみて!!能登谷さんスイマセン!!!
http://homepage.mac.com/nocci0428/iblog/C1972301522/E20070221125212/index.html
http://homepage.mac.com/nocci0428/iblog/C1972301522/E20070221124503/index.html

 ふみえさんは、沖縄へ行かなくてもいいんじゃないか、と想うほど興奮していた(笑)「前夜祭」だったんだぁ、と今想う。



■出発の朝

 朝起きてカーテンをあけると、雪が積もっているのには驚かされた。夜中のうちに降った模様。空港バスの停留所へ向かうのもひと苦労・・申し訳ないが、沖縄へは行かない夫にバス停まで送ってもらうことになった。感謝!!


■いざ、出発!!!!!

 小松空港へ到着し、発券と搭乗手続きをした。バースデイ割引を使うので、私の保険証を提示・・「私の(保険証)はいらんがけ?」と、ふみえさん・・(笑)どうやら、あまり飛行機には乗ったことがないらしい。ふみえさんは、機内でのドリンクサービスにも大喜び。「能登-東京便は、こんなに選ぶほど飲み物が出んよぉー」と。終始大笑いしながら、沖縄まで2時間半余りのフライトはアッという間だった。
posted by ひー at 22:10| 石川 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前からチャンスを逃していた沖縄の旅を決行(私にはそうとうなもんです)することができました、ひさみさんのガイド1:旅人1の大変贅沢なもので大勢のツアーには余り興味のなかった私にぴったりの企画をしてもらい、興奮しまくりの旅の始まり、前夜祭は珠洲の野菜そのものを味わうカーサミヤさんに。家にある畑や冷蔵庫の野菜が頭の中を駆け巡っていくー。こんな食べかたした事ない!
Posted by ふみえ at 2007年03月17日 04:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。