2007年03月16日

2007年3月7日水曜日 1日目 その2

■沖縄本島初上陸・・

 飛行機を降りると、少しぬるい空気。想っていたよりは肌寒かった。今日は、半袖は無理。北陸とは比較できないほどあったかぁ、当然、雪はなし。

 これから、遅い昼ご飯を本島北部にある大宜味村(おおぎみそん)の食堂「笑味の店(えみのみせ)」で食べる予定。那覇空港からの移動は、まず高速バスで名護バスターミナルまで、それから路線バスに乗り換えて40分ほど。

20070307-L2.JPG
 ▼高速バスの中でつい食べてしまった空弁「ゴーヤラフティ丼」
  ふみえさんは「グルクン寿司」を食べていた。グルクンは県魚
  お茶は、もちろん さんぴん茶


■「笑味の店」にて

 午後2時半すぎ、「笑味の店」へ到着。ふみえさんは予約していた「長寿膳」、私は「山原(やんばる)カレー」をいただいた。

20070307-L3.JPG
 ▼山原カレー
  シイタケやタケノコなどおいしい野菜がいっぱい入っていてオイシイ!!!!
  ふみえさんの反応「しいたけがカレーにはいっとるがぁ。そんなのは食べつけんわぁ」これ以降「食べつけん」というセリフをたびたび聞くことになる(笑)


 食事の途中、笑味の店の店主 金城笑子(きんじょうえみこ)さんが同席し、興味深いお話をしてくださった。
「(地域の)おばぁたちが作る野菜は、市場に出まわることはなく、ひっそりと作られ、ひっそりと食べられているだけ。そういう畑のすみっこにあるような野菜を見ているうちに、もっと工夫して料理をしてみたいという気持ちにさせられました」。実際、それらの野菜を使って17年前に「笑味の店」ははじまった、というのを金城さんの著書『おばぁの畑で見つけたもの』で読んだことがあった。

 著書の中には「長寿膳」一品一品のレシピが惜しげもなく、丁寧に記され公開されているので驚いたものだ。

20060311-L3.JPG
 ▼ふみえさんが食べた「長寿膳」・・写真は昨年撮影したもの
  これにシークワァーサーを練り混んだ麺のクガニ麺とサーターダンダギーなどがつく


■金城笑子さんから学んだこと(記憶を箇条書き)

 ・栄養士、料理職人、経営者という3つの役割を認識しながらも、頭の中では葛藤している。小さな店、小さな経営、小さな地域という“小さなこと”にこだわっている。これだけを守ってきたから、今の店、今の自分が成り立っていると思う。

 ・地域の食材を掘り起こし、その食材が他にはなく大宜味だから食べられる、価値ある(=円にかわる)、それは生活が少し良くなることにつながる、ということを地域のおばぁやおじぃをはじめ多くのひとに知らせたい。(今回、具体的には地域で採れる細いタケノコ(ホテイチク)の話し)

 ・グループ客は店から100mほどにある大兼久公民館で地域のおばぁやおじぃと食事をし、お話をしてもらうことで本当の大宜味を感じて知ってもらうこともできる。
  料理体験の受け入れ(HPによると10人以上から)もしている。

 ・4,5年前から、ウーフ(WWOOF)で女性(のみ)を受け入れ、笑味の店や加工のサポートをしてもらっている。ウーフはなかなかオモシロイしくみだ。私は最近知ったばかり。
http://www.wwoofjapan.com/japanese/index-j.shtml

 ・儲ける必要はないかもしれないけれど、最低でもトントンにはしないとね。トントンっていうのは、実は、いまうちは(業務用)冷蔵庫が壊れそうなのだけど、新しい冷蔵庫を買うことができるチカラを持っているということ。それがトントン、わかりますか?・・私は納得。ふみえさんの反応は、んー・・と表情が暗くなった(笑)のが印象的。
 

<データ>
★「笑味(えみ)の店」
http://www.eminomise.com/index.html
 11:30-17:00 月・火休
 0980-44-3220
 沖縄県国頭郡大宜味村大兼久61
 R58沿い、大宜味小学校近く
★金城笑子さんの著書について
 『おばぁの畑で見つけたもの 土と海と人が育てた沖縄スローフード』
 金城笑子著
 2003年4月1日初版第1刷 女子栄養大学出版部発行


posted by ひー at 01:28| 沖縄 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旅に出てローカル線バス利用したことあったっけ?そんなことを思いながら海を眺める。ここでは忙しい中これまでの取り組みを聞かせていただいた.このもの静かな方のどこからこんなエネルギーが溢れてくるのか、これまでの出会いの方とちょっと違う印象を持ちながら聞いていた私の顔は、ひさみさんには暗く写ったかも、私も最近回りのおばちゃんたちが少しずつ力を貸してくれる、達者なうちにもう一歩前へ進めたいものだ
Posted by ふみえ at 2007年03月17日 04:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。